--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.11.02 (Sat)

2号がいない

いつも仲良し
いつも一緒の
車道ねこ1号2号

でもここ最近(約2ヶ月)
2号が見当たりません。

仕事が終わって会いに行くとき
たまたま2号がいないだけだと思いますが
なんとなく1号も寂しそうに佇んでるので
ちょっと心配です。

好奇心が強く勇敢な1号の後を
※勇敢(二匹がエサを食べてるとき他のネコが寄ってくると1号が追い払います)
いつも追いて回ってた
少しビビリでおっとりしてる2号よ
いま、どこにいるの?

名古屋・車道の旧瀬戸信用金庫周辺で
最近、黒猫2匹が一緒にいるところを見た方がいたら
ご一報下さると嬉しいです。



写真(9)_convert_20131102212821




スポンサーサイト
22:17  |  動物  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.21 (Sat)

ギリギリセーフ夏の海(ねこ編)

お昼になったので竿をいったん置き
車で5分の「まるは食堂」へ行くと
平日にも関わらずお客さんで一杯でした。
豊浜にくると、この「まるは食堂」には必ず寄るので
子供の頃から何度もここで食べていますが
舌の記憶をたどると断然今の方が美味しく感じます。

昔はシャコがパサついていたり(たまたまかも知れませんが)
刺身もそれ程おいしいとは感じませんでしたが
ここ10年はいつ行ってもシャコは瑞々しく
ハマチの刺身はとれたてピチピチの弾力食感で
わたり蟹は淡白な身ながら上品な旨みがあって
かにみそも濃厚過ぎず程よいバランスで大満足でした!

ただエビ塩をエビフライにチェンジしてもらうのと
(エビフライは1本付いてましたがもう1本食べたかった!)
同じく焼き魚を煮魚にチェンジしてもらうのを忘れてしまったのがちょと残念。(´・ω・`)

そんなこんなでお腹一杯になって食堂の駐車場へ行くと
日陰で休んでいるネコ発見

ナント、初対面なのに触らせてくれました!






が、喜んだのもつかの間
すぐに離れて行ってしまったので
車で釣り場へ戻りました。

駐車場に車をとめ
釣り桟橋へ向かうと
ナント!またネコ登場


写真(11)_convert_20130919045132


But、残念ながらこのオセロねこは
近づくとすぐに逃げて行ってしまいました。
桟橋にくる途中
いいネコじゃらしが生えていたので
採っとけばよかったなぁー。(´_`。)

写真(12)_convert_20130919045201

気を取り直し
午後の釣りをスタートさせて
2時間位経った時か
真後ろからニャーニャーニャーニャーと
鳴き声が・・





なつき度MAXのこのネコ
せっかくそばに寄ってきてくれたのに
釣りモード全開のミーは
あまりかまってやることができませんでした。

ザ・野良という感じで汚れてて
豊浜漁港のネコの生存競争は厳しいのか
生傷だらけだったこのネコ・・

もっとやさしくしてあげればよかった。
ゴメンよ~。



01:01  |  動物  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.06.30 (Sun)

車道ねこ

昨日の夕方、小中時代の同級生とカラオケで飲み歌い(ラオウ早くよくなれ!)
いい気分で事務所に戻り未処理の案件を片付け
一息ついたので夜食を調達しにコンビ二へ行こうと事務所を出ると
舗道の端から何かの視線を感じたので見てみると
車道パトロール隊の黒ネコちゃんがチョコンと座ってる。

この黒ネコちゃんは野良なのか地域ネコかわかりませんが
3ヶ月前位からよく見かけるネコで
深夜0時をまわった時の遭遇率が60パーセントなので
事務所周辺をこまめに巡回している
優秀な警備ネコだと思うんですが
時々深夜帰りのサラリーマンの話相手になっていたり
(相談料としてよくカリカリをもらっているようです)
酔った学生になでられたりしているので
ミーも挨拶くらいはしなきゃと声をかけてみると

来てくれた!







犬派だったミーがなぜか数年前からネコ動画のとりこになり
現在まで数千を優に越えるネコ動画を見ていますが
ネコに触ったのは予備校時代に公園のベンチでボッ~としていたら
急に膝に白ネコが乗ってきたのが1回と
ペットショップでグレーのネコに柵ごしにETタッチをした2回のみだったので
大感激!

動画で「チュッ、チュッ」言ってるのは
いつも見ているネコ動画の投稿者のNyanta8355さんが
野良ネコを呼ぶときに「チュッ、チュッ」言ってたので真似したんですが
ちょっと「チュッ、チュッ」言い過ぎました。(´-ω-`;

この後、事務所に戻り仕事を終え駐車場へ行くと
また遭遇。

ナント、今度は!








少し音でびっくりさせちゃいましたが(ゴメンナサイ)
これからは午前さまが楽しみだなぁー。(^-^ )



15:23  |  動物  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.05.02 (Wed)

名古屋の宝~シャチファミリー~

名古屋の宝!金シャチ・・・
もとい,リアルシャチのビンゴ・ステラ・ランに会うため
名古屋港水族館に行ってきました。

本当は、4月の公開と同時に行きたかったんですが
クー・ナミちゃんの死から
名古屋港水族館の飼育体制について
ちょっと釈然としないものがあり・・

でも、もう我慢できない!やっぱ,早くシャチに会いたい!と
同業の水族館好きの美人先生をお誘いして
名古屋港水族館のゲートに入るやいなや
一目散にシャチの展示プールへ。

いる、いる、いるよ・・・でも遠い
もっとそばに寄って来てよと
顔をガラスにくっつけ叫ぶと

でっけー!かわいいー!
なんとステラ(お母さんで只今妊娠中・5.2m2,200kg)がそばにやって来てくれた
IMG_2179_convert_20120501075915.jpg

ステラは本当に人懐っこくて
ツーショット写真も快くOKしてもらいました。
IMG_2194_convert_20120501075952.jpg

言葉も少し?通じたような
IMG_2197_convert_20120501080027.jpg

こんなに愛くるしいのに
ホホジロザメやクジラも襲う
海中最強の生物ってとこも
面白いなぁ。
IMG_2208_convert_20120501080105.jpg

写真には写っていませんが
ラン(ビンゴとステラの子供・4.2m1,200kg)はいつもステラにくっつき気味で泳いでました。
一方,ビンゴ(お父さん・6.6m4,000kg)はなかなかそばにやってきてくれなかったけど
そのでっかさと存在感には口をあんぐりさせることしかできませんでした。
さすが一家の長!

Wikiによると,シャチを飼育しているのは世界で6カ国に限られ(40数頭)
日本では鴨川シーワールドと我らが名古屋港水族館だけとか。
こんなに貴重な生き物が
名古屋にいてくれることのありがたさをかみしめつつ
少しでも快適な環境作りのために
水族館の飼育員だけでなく
市民もそれを見守って,協力していく責任があるんじゃないかと。

10年後,20年後もこの3頭(もうすぐ4頭か)がいてくれたら
嬉しいなぁ。






00:56  |  動物  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.01.15 (Sat)

ニャンとの遭遇

庭にある水道の蛇口にヒビが入り水が漏れていたのでホームセンターへ。
よさげな蛇口を購入した後、熱帯魚のエサでも買おうとペットコーナーに寄ると
ニャンとネコが!

ペットコーナーにネコがいたからって別にビックリするような事でもありませんが
ここのペットショップはほとんどが犬で
ネコがたまたまいたとしても、いつもガラス越し…

ですが今回はゲージが外に置いてあり
手を伸ばせばネコに触れる状態!

思えば今までネコに触ろうと
数々の試みをしてきましたが
ネコとミーの間には深い川が流れているのか
生まれて一度も触れることが出来ずにいました。

正確に言えば、予備校生のとき
あるマンション前でコンタクトを落とし中腰で探していると
太ももに白い物体が突然乗ってきて
何だと思ったらネコ!
でもその時は完全犬派で、ネコは苦手だったので
少しパニック!
しかもなかなか太ももから降りてくれず
アゥアゥ声にならない叫び声をあげていると
どっかのおばさんがやって来て「ネコすきなの?」

「好きじゃねぇよ。早くネコどかして」とは言える訳もなかったけど
そのネコはやっと降りてくれておばさんの方へ…。(フウッ)

こんな感じでネコが苦手なミーに異変が現れたのは2~3年前
なぜだかネコが気になり出し
いつのまにかネコ動画をむさぼる程見るように…。

それからと云うもの
野ざらしになっている駐車場によく来るネコと
毎日接近を試みるも
こっちから近づこうとすると逃げてしまうし
あっちがアプローチしてきてくれるときは
こっちがボッ~としているためか
気付いた時はいきなり足元にいたりするので
そのたび驚くミーの声に
ビックリして逃げてしまい…。

まぁこのパターンを繰り返している内
まだ一度も触ることが出来ず仕舞い。orz

が、目の前に今
手を伸ばせばネコが!

そう、やっとこの瞬間がやってきました。
まさに夢にまで見た…


IMG_1389_convert_20110115163237.jpg
「おいアメショー触らして!って云うかこっち向いて」


IMG_1388_convert_20110115163315.jpg
「よし、よしっいい子だね。こっちおいで」





来ない…。(´_`。)

この距離でも触れないのかぁー!




いやまて、もう一匹いるじゃないか。

「頼むから、こっち来て。」m(._.)m





「キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!」

IMG_1386_convert_20110115163357.jpg


タッチ!タッチ!タッチ!

案外ゴツゴツしてるんだー
弾力あると思ってた。


もっと近づこー

IMG_1391_convert_20110115163435.jpg

「ガリガリガリ。  あー、アイフォンが~」




この際アイフォンなんてどうでもいいや
やっとニャン子と触れ合うことが出来たんだから!

幸せニャ。(=^・^=)




  
18:44  |  動物  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.10.19 (Tue)

クマ襲来警報

斜里町役場_convert_20101018215816
                       (毎日新聞~斜里町役場提供~)

一体何が起こってるんだ!?
この現実離れした現実の光景は。

昨日の午前、北海道斜里町の商店街にヒグマが出没
近くに小学校もあり
一歩間違えば大惨事になりかねない事態だったのがこの写真でよく分かる。
(この親子2頭のヒグマは猟友会によりその後射殺)

依然このブログでも書きましたが  「ある日森の中」
学生時代、知床(斜里町)の国民宿舎にバイクで訪れた際
「散歩に行きたいけどクマ大丈夫ですよね?」と管理人さんに声をかけると
すぐさま「生息地ですから!」と言われた時は
おしっこチビリそうになったけど
同じ斜里町でもそこは山の中だったから
まぁ実際、クマが出没してもおかしくはないんだろうけど
今回は街中でしかも近くに小学校・・・

(ミーがこの場に居合わせたら完全に腰抜かす自信があります!)

そして同日、愛知県豊田市の住宅街の裏山でツキノワグマが罠にかかるなどし
一体今月だけでも何頭のクマが人里や住宅街に出没したのだろうか。
(出没だけでなく遭遇して怪我を負った方や鳥取では亡くなった方も)

この日本各地で
例年の数を大幅に超えるクマ出没件数の原因として
今年の猛暑でクマの食料となるドングリが不足していることが
よく挙げられる。

冬眠に備え、たらふく食べて栄養をたくわえないといけないこの時期に
森に食べ物がなくて
怖いはずの人間がいる街の中にまで下りてきて
食料を求め彷徨い歩くクマのことを考えると身につまされるが
クマと人間の異常接近が今後も増えればどうにもクマに分が悪い。


しかし、こんな国土が狭くしかも都市化した日本に
まだクマがいる、いやいてくれる喜び

ミーは野生のクマを見た経験はないけど
北海道で野生の鹿に出くわした事ならあります。

あの対面した時の緊張感と
彼らから発せられる眩いばかりの神々しさ

あの時初めて
あぁーミーも自然の一部なんだ地球の一部なんだと
心から思えました。

それが山の主の熊ならなおさら

この日本にクマがまだ居てくれることの喜びと
クマの生息域が人間の生活圏と異常接近し重なりつつある現実

これを解決できるのは
クマがいなくなったらやだなと思う人間しかいない

解決と云っても
狭められた野生動物の生息域を再び広げることなど
ドシロウト的にも難しそうだと思うし
野生動物の被害を受けている人から見れば
それらはもう害獣以外の何ものでも無いのかも知れない。

でもミーはあの鹿との遭遇以来
どんな生き物であっても
ある種が地球から絶滅したと云うニュースを聞くたびに
震えがくるような・・・まぁこれはちょっと大げさな言い方かもしれないけど
ドンヨリした気持ちになる。

そう言えば偶然かもしれないけど
今日の朝刊に目を引く広告のコピーがあって
本当に何年かぶりに切り抜きをしたものがあるので
それを紹介して今日のクマブログは閉めたいと思います。



「うぐいす  とき    らくだ   こけ     さんご 

 えび    だいだい  ふじ   やまぶき  さくら


 その生き物がなくなると、

 その色も、きっとなくなる。」

(COP10 AICHI-NAGOYA 名古屋広告業協会)




 
01:05  |  動物  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.09.15 (Wed)

「たま駅長」あわや!

世界一毛深かわいい駅長「たま駅長」が勤務する
和歌山電鉄貴志川線の貴志駅で
トイレ入り口につるしていた布製のれんが焼け焦げると云う事件が12日の未明ありました。

幸い「たま駅長」は出勤前で
被害ものれんの一部が焼けるに留まり
大事に至らなかったのは何よりですが
一体誰がこんな事したんだ!(-゛-メ)


まぁ、何はともあれ駅長!ご無事で何よりです。(~ヘ~;)ゝ

20100913-00000513-san-000-4-view_convert_20100913183820.jpg
                              (産経新聞)


さて、「たま駅長」は三毛猫界のスーパーエリートですが
この三毛猫界には
「たま駅長」に勝るとも劣らない人間語を操る(!?)スーパーバイリンガル猫もいます。

その名は「ユッケ」
brunelloさんがある寒い日
家の周りでニャーニャー泣く猫の声を聞き
探し回るも見つからず
2日目の夜、意を決して泣き声を頼りに再度探すと
なんと車のエンジンルームの中で寒そうに丸まっている仔猫を発見!そして保護
真っ黒に汚れた体でbrunelloさんを見つめ
怖かったのか小さい体で必死に「シャーッ!」と言っていたそうです。
(詳しくはbrunelloさんのブログ「猫とおしゃべり」で http://calico4u.blog36.fc2.com/category3-1.html)
そんな過去のあるユッケを
brunelloさんが愛情込めて毎日やさしく話しかけながら育てた萌芽か
いつしかユッケはバイリンガル猫に。
















20:14  |  動物  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。