--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.09.23 (Wed)

避難はペットと一緒に!

今月だけでも
栃木県・茨城県・宮城県等の歴史的豪雨災害や阿蘇山の噴火など
日本で生活する上で自然災害とは嫌でも付き合っていかねばなりませんが
鬼怒川の氾濫でペットの犬と共に自衛隊に救助された人が

「本当は、犬は置いてくればよかったのかもしれないですけど
自衛隊の方に『お願いします』と言って連れてきました。
子供の犬なので置いてこられなかったので...」

と、インタビューに答えているのが印象的で
その救助の様子に心打たれましたが
災害に遭った際にペットはどうするのが正解か少し調べてみると
「災害時におけるペットとの同行避難」を
環境省が推奨していると云うツイートがありました。

これによると
過去の災害でペットと飼い主が離れてしまう事例が多発したのを受け
離れた動物を保護するのには多大な労力と時間が必要で
その間にペットが負傷・死亡しかねないという動物愛護の観点。

また不妊去勢処置がなされていない場合は繁殖してしまい
住民の安全や公衆衛生上の環境の悪化が懸念されるという
人への危害防止や生活環境保全の観点からも
環境省は「ペットとの同行避難」を飼い主へ普及・啓発しているそうです。

詳細はこちら。「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」

一方、環境省以外の省庁では特にルールを定めていないようなので
「災害時にはペットと一緒に避難するのが原則!」と言い切っていいんだと思います。

よって、飼い主の義務として
何かあった際にペットと共にすぐ避難できるように
ペット用のゲージとその訓練をしておくことが必要になります。

東日本大震災の際に避難に遅れて
家の二階まで津波が迫ったところで
ペットの犬と共に奇跡的に生還を果たしたMrNobuchiさんの動画は
今見ても自然災害の怖さと備えの重要さについて思い知らされます。

⭐︎本動画を掲載しますが、衝撃的な映像を含みますので閲覧には十分注意して下さい。
この映像後、MrNobuchiさんの家の二階ベランダ前にボートが偶然流れてきて
パンジー(犬)と共にそれに飛び乗った後、民宿の屋上によじ登り無事避難されたそうです。




P.S.
鬼怒川の氾濫で取り残されたこの野良犬たちが
どうなったかずっと気になっていましたが
無事だったみたいでホント良かった!

IMG_0595_convert_20150916024752.jpg

IMG_0597_convert_20150923152710.jpg


スポンサーサイト
17:40  |  社会の窓から  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.01.11 (Sun)

触らぬ神に祟りはないのか

パリで7日に発生した
週刊紙シャルリエブド襲撃事件は衝撃的なニュースでしたが
それ以上に驚いたのは
事件当日の夕方に
三万五千人の市民がレピュブリック広場に集まり(仏全土ではおよそ十万人)
事件に対する抗議の声をあげながらデモする映像でした。

このデモはフランスに留まらず、欧州各地に広がり
ロンドンのトラファルガー広場では、人々がフランス国歌を歌って協調を示したそうです。
(イギリス市民とフランス市民ってこんな関係だったっけ?!)

この時記憶によみがえったのが
「悪魔の詩」を翻訳して惨殺された筑波大学の五十嵐助教授の事件。

これは20年以上前に起こった事件ですが、今でも鮮明に覚えています。
それは、この事件に対しての新聞やテレビ(世間も?)の扱いが
五十嵐助教授に対してとても冷たく感じたからです。

もちろん、当時も「表現の自由に対する挑戦」などとマスコミは報じていましたが
毒舌で人気を博していたニュースキャスター久米宏氏の
いつもより歯切れが悪く、言葉を飲み込むようなコメントが象徴していたように
(今でも彼の表情は頭にこびりついています)
色んなタブーはあるけど、この問題はタブー中のタブーなんだなと
ミーの心にしかと刻み込まれた事件でした。

後日談になりますが、この事件の発端になった「悪魔の詩」の著者は
イギリス政府の24時間警護の対象となり守られ、サーの称号も授与されたそうです。

日本で起きたこの事件と今回の事件は
背景や犯人像、そして日本とフランスでは「表現の自由」を獲得した経緯も異なるので
同列に論じることはできませんが
表現の内容はともかく、それがどんな限られた対象であれ
言いたいことが言えないことがあるということ自体息が詰まるし
唇寒しでそれを飲み込むことは究極的には自分たちの首を絞めることだと思います。

もちろん民主主義サイコーなんて思わないし
ミーは天邪鬼なので「正義」を声高に叫ぶ国があれば
一方にはもうひとつの正義があるよねと、条件反射でツッコミを入れますが
ただ、イスラム狂信派のやってる拉致した女性を暴行強姦したり
幼児を自爆テロに利用したりする残虐行為は
明らかに現代文明に対する挑戦で
「欧米価値観の矛盾が彼らを産んだ」なんてゴタクを言ってる人さえ
ミーのだぶついた腕でアックスボンバーを食らわせたくなります。
(今回のテロ事件の背後関係はまだ分かりませんが・・)

レピュブリック広場に集まった市民が
「私たちは皆シャルリだ」とプラカードを掲げて行進する姿を見ていると
ミーも何らかの連帯を示す行動をしなければと考えるも
中々アクションを起せずじくじたる思いをしていますが

とりあえず
アノニマスさん超頑張れ!


201501111111436e0.jpg

18:01  |  社会の窓から  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.05.27 (Tue)

雨スーツ〜はじまりはいつも〜

最初は気のせいかなと思ってました。

ただ、あまりにも多すぎる。
着回している7着のスーツの中で
(1着はどうやってもベルトが閉まらず、4着は上着のボタンが閉まりません)
ダントツでクリーニングの数が多く
これを着ると雨ばっかなスーツ

昨日、英会話から帰るクルマの中で
それは確信に変わりました。

もう、認めよう
It is a 雨スーツ !

写真_convert_20140527160742

で、ポツポツと帆から滴る雨粒をよけながら
なんとなく無性に聞きたくなった曲が
「はじまりはいつも雨」

今、渦中にある人の歌だからと云う訳ではなく
この歌は恋愛至上主義のミーにはつきものの(今は食欲至上主義ですが。(;^_^A)
ハートブレイク時によく聴いていた曲なので
多分雨つながりでこの歌のメロディーがふわっと頭に流れただけで
特に彼のファンという訳でもありません。

が、こういうことって、よくあるんじゃないかと思います。

この歌、いい曲だなぁー。
でも、歌っている人には興味なし。

それは曲に限らず、映画でも小説でも同じですが
その作品に感動するのと、その作者に関心が向くかは別の問題で
一旦、作品としてそれが世に出た場合は
それは作者さえもコントロール不能な
受け手のごく個人的なものになるんだと思います。

それが、今回の事件の影響で
過去の作品それ自体が人目につくことさえ許されないような措置が取られると
こっちがあの時感動した気持ちをも否定されているような気になります。

もちろん、その作品の権利を持ってる側が
そういった措置をとった方がビジネス的に良いと判断すれば
それに抗うことはできませんし
こっちも、あの時の感動を大事にしていけばよいだけの話ですが

少なくとも、一旦世にでた「作品」に対して
作者の一部のように連帯責任をとらせるような措置は
「作品」に対する冒涜だし
その「作品」にあの時確かに感動したこっちにとっても
気分がよいものではありません。

そんなこんなで
何とも気持ちが治まらないので
明日の定休日は、釣りの予定を変更して
ヒトカラでこの曲を歌いまくって
カラオケランキング上げてやる!





※権利の問題はありますが、 CDを買いたくても買えない状況にある現在において
 「作品」の声を代弁すると云う大義名分の下に転載しました。




11:24  |  社会の窓から  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.10.29 (Sat)

闘う男

同世代の橋下徹大阪府知事が
府知事選と大阪市長選のダブル選挙に向け
いろんな逆風を受けながらも
日本中をも巻き込む勢いで
対抗勢力と仁義なき闘いを繰り広げている中

ミーも毎日(・・・まぁ橋下氏の闘いに比べたら
死にたくなるほどミニマムでサイレントな闘いなので
公表するのも憚れるのですが)
闘ってます!

相手は里中エミ(同姓同名の人ゴメンナサイ)と名乗る
出会い系の業者。

1ヶ月前位から
Yahooメールの迷惑フォルダに
この名前が目立つようになり
はじめは,迷惑フォルダにたまったその他のメールと一緒に
一括削除していたものの
あまりにもこの名前が目に付くので
このアドレスを受信拒否設定して
もうこの名前を見なくて済むなと思った次の日

おい!またきてるじゃないか。 (--#)

そうか,アドレス一つじゃないのか
んじゃ,このアドレスも受信拒否設定して
はい,一丁上がり!と高を括っていると

次の日もまた・・・。凸 (-"- )

繰り返すこと×10

オンドリャ-!ヽ(`⌒´)ノ
よしっ,分かった
闘魂に火がついた
とことんまでやってやる!
アドレスが尽きるまで
かかって来いやーと叫んで少しスッキリした後

シコシコ一つずつ受信拒否設定をして
業者からのメールが来なくなった日が
ミーの待ち望む勝利の日なのか!?と。

いかん,いかん。
明かされなくていいことまで明かされ
家族を守りながらも
「大阪都」構想実現のため
降りかかる火の粉の中を突き進む
橋下知事の爪の垢を煎じて100リットル位飲まねば。

P.S.
名古屋の人間だけど
橋下徹大阪府知事を
断固支持します!




 
18:14  |  社会の窓から  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2011.03.12 (Sat)

一丸となって

夜を徹して地震による被害者の救出にあたっている自衛隊・消防・警察・医療関係者等の方
そしてライフラインの復旧のために尽力されている電力・ガス・水道の方に敬意を表するとともに
救出を待たれている方が少しでも早く救助されることを心から祈っております。

私が住む愛知県ではこの地震による被災はほとんどなく
病院関係者や救出チームが被災地に向かっていると云う情報です。
しかし自分はTVから流れてくる想像を絶する光景を目にし唖然とすることしかできず
何とも言えない無力感を感じていますが
今、自分にできる最善のことは何かを考えて
今後行動して行きたいと思います。

現状でも被害は甚大ですが
夜が明け時間が経つとともに被害がさらに拡大する恐れがあり
外国メディアなどセンセーショナルな被害予想を出している報道機関もあります。
もちろんデマや噂の類に惑わされてパニックなどでさらに被害が拡大する事態は避けねばなりませんが
はっきりしているのはこの震災は日本にとっての危機で
外国の援助を受けながらも
日本に住んでいる人々が一丸となってこの危機に立ち向かい
助け合っていかなければならないと云うことでしょう。

それぞれができること、やるべきことをなし
この事態に一丸となって行動すること。

これを被災地から離れた自分の心に刻みたいです。



 
03:52  |  社会の窓から  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.03.05 (Sat)

太陽が眩しかったから

「世の中は物事が進んだ。携帯の持ち込みを制限するなどの措置を講じなかった大学当事者の方が時代に遅れている。」
「日本で初めて入学試験で携帯使い、カンニングをやったというのは見上げたもんなんじゃない。ある意味。学校の方がバカ。そういう時代になった」 (石原慎太郎東京都知事)

石原都知事、就任以来初めていいこと言ったんじゃない!?
こんな石原さんならもう一期やって下さい。(^o^)/

カンニングがばれた時の学校側の処理は
入学試験なら失格
定期試験だと停学か重ければ退学が一般的な処分だろう。

が、今回の京大入試問題ヤフー知恵袋投稿に端を発する
ある予備校生のケータイを用いたカンニングは
NZ地震の探索活動やリビア騒乱、予算審議、前原外相の献金問題を霞ませる程の
日本中を揺るがす大事件になっちゃって、しかも偽計業務妨害容疑で逮捕まで!    

確かにこのケータイと掲示板を使ったカンニングは
映画「ザ・カンニング」のようにバンダナの裏にカンペを書いたり
受験生の息子のためにお母さんが赤ちゃんのお尻に解答を書いて教室にやってきたりする
どこか牧歌的で笑えるものじゃないから
大学もパニクって
「どうしよう。大学自治?関係ない。ケイサツに電話だぁ~!」ってなったことは
まぁ百歩譲って分からなくもないが
京大の「部屋には監督者も十分にいた。このような形は想定外。」「厳正で公正な入学試験の根幹を揺るがす犯罪行為に、強い憤りを感じる」発言には引いた。

「部屋には監督者も十分にいた」としても
逮捕された予備校生や周りの受験生は
見回りに来ることはなかったと証言してると云うことだし
「このような形は想定外」とは聞いてあきれる。
韓国で2004年に起こったケータイを使った組織的カンニング事件を少し検証してみれば
日本でも今後同様なことが起こるかもしれないと容易に想定できるし
予防対策として
金属探知機で受験生をチェックするのは日本の風土的になじまないと判断したとしても
ケータイを封筒にいれ封印させたり
予算の問題はあるものの電波妨害装置を導入すれば
ケータイ等を使ったハイテクカンニングを未然に防げることは分かっていたはずだ。
そして「厳正で公正な入学試験の根幹を揺るがす犯罪行為」なんて
もう大人の愛がなさすぎる。

受験生はある志望校に入りたいと勉強し
そこに入りたい気持ちが強ければ強いほど
模試の結果が悪かったりすると
不安になっていつもの精神状態を保つことが難しくなったりする。

ましてや浪人生ならさらにプレッシャーはかかってくるし
この逮捕された予備校生は家庭の経済的な事情も相まって
京大に絶対入らなければという気持ちが一層強まっていったんだろう。

大学側に言いたいのは
あなたたちの学校に入りたいがために安くない受験料を払って試験を受けに来る学生に
愛を見せて欲しいと。

この愛は、「あなたたちを信じてますよ」的に見回りをしない愛じゃなくて
怖い顔して、カンニングなんてするスキのない空間を作ってあげる愛です。

だって、予備校生なんて一年この日のために生きてて
でも一年いろんなことがあって
不安や希望が交錯する明らかに普通じゃない「太陽が眩しい」時なんです。

この逮捕された予備校生のカンニングは
手法は新しいものの、手口はすぐ足がつく稚拙なもので
なんでこんなチグハグな事を?と思うけど
YAHOO知恵袋に「いい精神科知りませんか?」と質問していることから考えると
普通の精神状態じゃなかったことを自覚していたのかも知れない。

誤解してほしくないのは
「カンニングなんてたいしたことじゃない」なんて言いたい訳ではありません。

某女優がTVに出てくると
「ワイン?しゃらくさい、このカンニング女優!」と叫びますし
カンニングした人を白い目で見ることは
カンニングしなかった人の特権だとも思っています。

でも、好きすぎて嘘をついちゃったり
それしか見えなくなって
ズルイことをしてでもなんとか目的を果たしたいと云う心持ちなったりすることはあるし
それが、思春期まっただ中でしかも「太陽が眩しい」浪人生なら
魔がさすこともある。

もっと言えば
カンニングをする罪より
カンニングをたやすくできそうな環境をつくりあげてしまう事の方が
もっと罪深いことではないかと。

こんなこと言ったら
他の大多数の不正をしない受験生に怒られてしまうかもしれないけど
犬の前にエサを置いて
「待て」して飼い主がそのままどっか行ってしまってとき
その犬がエサを食べちゃったとしても
そりゃ怒れないよねと。

京大でも早大でも失格にするのは当然だけど
各大学は被害届を安易に出して
大ニュースにしてしまった是非の検証と
今回のことが新しい時代の試験実施方法を考えるいい機会になったことは事実だから
早く体制を整えて
あなたたちの学校を希望して入学試験に望む受験生たちに
大人の愛で応えて欲しい。

そして、今回の予備校生に
現状の試験監視体制を改めるいい機会を提供してくれたとかなんかの理由をつけて
10人の監視つけて
再試験のチャンス与える位の度量は・・・ないか。





 
22:00  |  社会の窓から  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.01.16 (Sun)

ハイチ大地震から一年

2010年1月12日(日本時間=13日)にハイチ共和国で起こった
22万人を超える犠牲者を出した大地震から1年が経ちました。

ニュースによると
いまだ80万人以上がテント暮らしを強いられるなど
現在も復興の途上にあるようですが
赤十字による募金の受付が終了したため
当ブログで募らせていただいた
インターネット募金の掲載も
これを機に一区切りとさせていただきます。

ご支援ありがとうございました。


  
18:37  |  社会の窓から  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。