--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.12.29 (Mon)

抱きしめたい(「ブルージャスミン」)

ここ数日、ほとんど寝ずにDVDを見まくってるんですが
15本目にいいの当たっちゃいました。

経験則上、「おっ!」となる映画は大体30本に一本なので
(いつまでも手を叩きたくなる映画は150に一本
このまま死んでもいいと思える映画は500に一くらいか)
これはラッキー!

この映画のストーリーは
セレブの婦人が夫の事業の失敗(ネズミ講がバレて摘発)で
自らも一文無しになって、妹の元に転がりこむと云う転落ものなんですが
何と言っても主役のケイト・ブランシェット(ジャスミン役)が凄い!

何が凄いかと言うと、その演技。(仰向けに倒れたくなるような綺麗さはもちろんです)

どんな演技だったかは、観てもらえば分かりますが(一つ挙げれば、わき汗に注〜目!)
ミーの持論として
観ている人に「このひと上手い!」と思わせるような俳優は
全然上手くない(ロバートデニーロとか)、と云うのがあって
でもそれを超えて上手いと唸らされたのは
今回と「摩天楼を夢見て」のアル・パチーノだけです。
(どっちの映画にもアレック・ボールドウィンが出てるのは引き立て役だから?)

虚栄心と嘘にまみれた彼女が転落して往く姿に
監督のウディ・アレンは何を示唆したかったのかは分かりませんが
ミーはふと、2014年日本を騒がせた彼女彼らの姿が浮かびました。

特に、彼女の場合は、周りで死者も出ているので
軽々しく言うべきことではないかも知れませんが
少なくとも映画のエンディングのジャスミンを
ミーは抱きしめたいと思いました。

まずは、抱きしめてからでいいじゃないかと。

さっ、映画に流れる「ブルームーン」を聞きながら
お歳暮に貰ったハムステーキを食べて
次の一本を観よう。






スポンサーサイト
22:14  |  シネマ・ドラマ  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2013.12.17 (Tue)

「正義のゆくえI.C.E特別捜査官」~80インチから9.7インチへ~

いい映画に出遭ったとき
それを何度も観る人は多いと思いますが
ミーはその時観た感動衝撃を大切にしたいので
好きな映画を何度も観ることはありません。

ただ、例外もあります
それが「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」(主演ハリソン・フォード)

どういう時に観るかと云えば
それは入管業務で打ちのめされたり
もっと何かできたんじゃないかと思ったときです。

今年、行政書士の受験生や
行政書士の新人で(ミーも思いっきり新人ですが。汗)
入管業務を希望されている方向けにお話させていただく機会が数度あり
その際「何か入管業務にお勧めの本はありませんか」とよく聞かれるのですが
もし「お勧めの映画は?」と聞かれたらミーは迷わずこの一本を挙げます!

詳しい内容は控えますが
不法滞在者を取り締まるアメリカ合衆国移民局捜査官の仕事や人間模様を描いたものです。

見終わった後はいつも「よっし、がんばろう!」と思わせてくれる
ミーの入管業務に欠かせないツール。

これから何度も見るんだろうなぁ。








P.S.
自宅で映画鑑賞するときは80インチのプロジェクターで観てますが
最近はこれをセッティングする1分の時間が面倒で
Hulu(映画配信サイト月額980円で見放題)と契約してもっぱらiPad Airで観てます。
メチャ快適!


03:10  |  シネマ・ドラマ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.11.19 (Sat)

映画のコトバ

自宅の本棚から
雑誌・コミック・写真集etc
そして、いつか読もうと思ってもう10年以上経ってる
ウイスキー山崎で云えば「繊細で複雑、深みのある味わい」な本たちが
今にもあふれ出してきて
「読まないんだったらNew Worldへtake off(Bookoff?)したいよ!」と
訴えかけられているような気がしたので
「よしっ、旅立たせてやるか」と整理をはじめること10分位か
パサッと黄ばんだノートが落ちたので見てみると


IMG_1982_convert_20111119015014.jpg


映画に夢中だった学生時代に
観た映画の感想を書き留めた映画ノートでした。

懐かしいなとペラペラめくっていると
ストーリーや映画技術に関する記載はほとんどなく
「うわぁー、もうこのまま死んでもいい!」と云ったレベルの感想の後に
気に入った台詞(コトバ)が書きなぐってある。

そういえば、当時映画好きが集まって
カット割がどうの、映画文法的にはどうの言い合ってる中で
「バカヤロウ、あの映画はくちびるがすべてなんだよ~!」←(「ベティ・ブルー」を観た感想)
と言い放ってた自分の無知ぶりを恥ずかしいと思いつつ
やっぱり今でも全く同じことを言いそうな自分に

「映画に見方などありません。好きなように観て、好きなように感じればいいんです。」と
今、自分が考えた言葉を贈ります。

そんなこんなで、15年位ぶりにでてきた
ウイスキー山崎で云えば「奥行きのある圧倒的な熟成感」なノートですが
これを機に、映画ノートをブログで始めたいと思います!

先ほど、申し上げた通り
観た映画の小学生のようなファーストインプレッション的感想&気に入った台詞
程度のものですが・・・。

では、そっそく。

『カンダハール』 2001年イラン映画 
(監督・脚本・製作)モフセン・マフマルバフ

監督はイランの巨匠モフセン・マフマルバフ。
ビデオ屋でこれを選んだのは
9.11に端を発したアフガニスタン紛争前の
タリバン政権下のアフガニスタンを描いている作品だったから、と云うのは表向きの理由で
幻想的なパッケージ(色彩鮮やかなブルカを被った集団が砂漠を歩くさま)に魅かれたためです。
ストーリーは
タリバン政権下でひどく権利を制限された女性達の声にならない叫びを
アフガニスタンから亡命した女性ジャーナリストが
アフガンに残っている妹に会いに行くというドキュメンタリータッチな作風で
世界にアフガンの状況を訴えるもので
詳しくはこちらに譲るとして
見終わった後も
パラシュートから落ちてくる〇〇が頭にこびりついてなかなか離れない映画でした。

今回の映画のコトバは
明日から学校へ通うことや素顔をさらすことも禁じられる
イランのアフガン難民キャンプにいる女生徒に
先生が贈る言葉です。

「みなさん、よく聞いて。今日は学校の最後の日です。
明日はアフガンに帰ります。アフガンに帰ったら家から出られません。
でも、希望は捨てないで。たとえ塀が高くても、空はもっと高い。
いつか、世界の人々が助けてくれるでしょう。
もし、助けてくれなかったら、自分で何とかするんです。
そして、家が窮屈に思えたら、そっと目を閉じて
虫のアリになってみなさい。家が大きく思えます。 拍手を。」



P.S. 本棚の整理?映画を観始めちゃったので、また今度。


 
05:12  |  シネマ・ドラマ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.10.01 (Fri)

号外 「ジャックぅぅぅー」

街を歩いていたら「号外」が。

中国で何か動きがあったのか!?
と、覗き込むとそこには・・・ジャックが!!!



IMG_0991_convert_20101001124352.jpg



そうか、「ファイナルシーズンⅧ」やっとレンタル開始か。

いろいろあったなこの6年間。
メイソンが死に、ニーナが死に、シャペルが死に、デイビッドが死に、ブキャナンが死に・・・
おいっ、みんな死んでばっかりやん!

いやいや、死んだと思ってたトニーは生き返ったしな。

大好きだった24 -TWENTY FOUR-
あぁーできることなら一生見続けたかったな。
イライラさせられ続けたキムや
どんどん綺麗になるクロエ
そしてあのCTUの着信コールとも
このシーズンでいよいよお別れか。

よしっ、かみしめながら見るぞ!

宅配が来ようが(宅配のおじさんスイマセン)
国勢調査の人が来ようが(もう出しました)
電話が鳴ろうが(見終わったらスグにかけ直します)
すべて無視して
まずは今回のレンタル開始分(10月2日(土) Vol.1~4)の8時間
ノンストップで楽しむぞ~!


まさかジャックぅぅぅー
お前も死んでしまうのかぁぁぁー。

(でも、この後映画があるそうだからジャックは大丈夫そうだな。 w)







 
06:30  |  シネマ・ドラマ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2009.07.27 (Mon)

24 -TWENTY FOUR- シーズンVII

24_711.jpg



やっと始まったよ。


脚本家組合のストとか

キーファーの事件で

二年間待ちくたびれた。ヽ(´―`)ノ


アメリカではもっと早く始まってたけど

シーズンⅠを吹き替えで見たから

ジャックの声は小山力也じゃないと

なんかしっくりこない。


今回の舞台はワシントンD.C.!

今年の2月ちょうどワシントンに行ったので

あーそこも行った

ここも行ったで

親近感湧きまくり。(´v`)

00:53  |  シネマ・ドラマ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。