--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.03.28 (Sun)

「ムーシーロー」~500食目!~

昨今の「餃子の王将」ブームで

前からずっと王将に通っていたミーは

ちょっと隅に追いやられた感と云うか

親友が他の友達と仲良くしてるのを見て

何かその親友によそよそしくなっちゃう様な感を抱いていたので

最近はご無沙汰だったが

もう無性にアレが食べたくなって

我慢できず王将に行ってきた。


アレとは・・・そう、知る人ぞ知る

「餃子の王将」の裏看板メニュー

「ムーシーロー」だ!

(メニューには肉と卵の炒りつけで載ってマス)


IMG_0254_convert_20100328200016_copy.jpg

これはヤバイ。

うますぎる。

癖になるどころじゃなく

もうミーはジャンキーレベル。

かれこれ今回でなんと「ムーシーロー」500食目!(・・・位)


適度に厚みがあってふっくらな豚肉

タケノコのシャキシャキする歯ごたえ

きくらげの何とも云えない食感

野菜で一番好きなネギと

3個以上使っているんじゃないかと思わせるたっぷりの卵

そして何と言っても油ギーで濃いめの味付け。


一体どんな調味料使っているんだろう!?

王将にお勤めの方はこっそり教えてもらいたいんですが

企業秘密なんだろうなぁ。

あぁなんでこんなにうまいのかぁぁぁ-。


一つの推測だが

もしその秘密の素が化学調味料だとすれば合点がいく。

ミーが小さい頃

化学調味料が「頭を良くする」と云う説があったらしく(真偽は不明ですが)

ミーの母は「頭が良くなる様に」と

化学調味料を料理に大量にふりかけていたと聞いた事があるので

(その後ネガティブな説が出て以来、我が家の食卓から化学調味料は消失)

舌が懐かしがっているのかなぁと。


この「ムーシーロー」

別に王将だけにあるメニューではなく(中国のポピュラーな家庭料理)

色んな中華料理店で注文し食べてみるのだが

ダントツで王将のが一番うまい。


王将のがダントツと云っても

店によって少しずつ味が違うのでこれまた面白い。

いつだったか豊橋市の王将で食べた「ムーシーロー」は

あんかけで味付けが甘くて驚いた。


あぁ、死ぬまでにあと何食くらい「ムーシーロー」を食べるんだろう。


いつか全国にある王将の

「ムーシーロー」食べ比べの旅に出ちゃったりするんだろうか。





スポンサーサイト
21:37  |  はまりモノ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。