--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.11.19 (Mon)

罵詈雑言

ここ数日、雑務とゴルフで
ニュースをチェックする時間があまりなかったんですが
その間に
「減税日本の河村たかし名古屋市長と
太陽の党の石原慎太郎氏が両党の連携で合致した後
石原氏が日本維新の橋下徹大阪市長と会談し両党の合併を電撃的に決めるも
河村市長を快く思わない橋下市長は減税日本をハブり
その減税日本と連携で合意した張本人石原氏も
橋下氏に異をとなえることなく了承し、河村との約束を華麗にスルー。
そして、反故にされた河村氏は減税日本の名前を変えてもいいと発言する」と云う
ドタバタ劇があったんですね。

ミーは「絶対ウソはいけない」などという信条はもっていませんし
どちらかと言えば「真実よりも3つの幸せなウソ」を選択してしまう方で
裏切りなんかについても、そんなもん権力闘争にはつきもんだと思っています。

ただ、今回のドタバタ劇については
心の底から罵詈雑言を浴びせたい気持ちになっています。

第三局を結集して
この閉塞感漂う日本を抜本的に改革するというエネルギーには
それこそ自分も加わりたいし大賛成だけど
当然そのためにはキラキラ光る具体的な命題を天に掲げ
これを実現するために小異を捨てて結集し突き進もう。
エイエイオー!が正しい道です。

しかし、太陽の党と日本維新が合併して
キラキラ光る具体的な命題って何々でしょう。
日本維新は太陽の党に自分たちの政策を飲ませたんだから
筋が通っていますが、石原さんは政策を丸飲みして
一体何を掲げて、何のために選挙戦を戦うのでしょう。
少なくとも政策を丸飲みしたんだから
自分が信じてきた信条の実現のために戦うんではないんでしょう。
それが、自らのパワーを誰かに見せつけるためのものなのか
自分で確認するためのものなのか、家族のためなのか
人生の最終章の打ち上げ花火なのかは分かりませんが
それが日本国民を巻き込んだ壮大なマスターベーションになるならば
こんな悲劇はありません。

石原氏は河村氏と約束をし、舌の根が乾かぬうちにそれを反故にしました。
その決断が日本の将来や国民のためになるものであるなら話は別ですが
こんな政策が一致してない野合では、選挙が終わった後
次に反故にされるのは誰でしょうか。

男と男の約束を破り、平気な顔をしている。&大義もなしとくれば
ミーはこの一点だけで、その男を下に見て、憐憫の対象にします。
石原氏は人生の先輩ではありますがあえて言わせて下さい。

「おい石原慎太郎、チョロチョロすんな。ふざけんなこの野郎!」



で、次は河村市長です。
ハブられ反故にされた時、彼はこんなようなことを言ったそうです。

「名古屋より大阪の方が勢いがあるからしょうがない。
党名がいかんと言われりゃ、名前変えます。」


先ほども言いましたが
閉塞感漂う日本を抜本的に改革するために
反故にされた怒りを抑え
小異を捨てて、それでも結集すると云うのなら話は別です。
ただ、河村市長の政治的アイデンティティーは減税(あと親しみやすさ)じゃないですか。
ほとんどそれだけ言って先の市長選で大勝したんだから。

その本丸を捨ててまで
どうしてそんなに維新にくっつきたいんでしょうか。

政治家は皆総理大臣になりたいと思っていますが
(政治家じゃないミーだって思ってるんだから・・)
それを公言する人はあまりいない中
「名古屋から総理を狙う男」として選挙を戦い落選を経験しながらも
国会議員になったのが河村さんです。
今は市長ですが、彼は総理の望みは決してあきらめていません。
なんとしても、この維新の波にのって、主要な役割を果たし
国政に復帰し、いつかウルトラたなぼた的に総理に・・!
なんて、思ってるかもしれません。

でも、「党名がいかんと言われりゃ、名前変えます。」なんて発言してちゃ
総理どころか、次の市長選まで危ぶまれます。

ここは
「石原!橋下!ふざけとってかんよ。減税は大事でしょう。
大事なことだで、名古屋だけでやるわー。」
と、言わなきゃ。

逆に太陽と維新が合体して、色が薄れている中
距離を置いて独自性を打ち立てる方がプラスではないかと。
河村氏は人生の先輩ではありますがあえて言わせて下さい。

「おみゃーさん、名古屋がなめられとるんだぞ。トロイこと言ってりゃーすな。」



スポンサーサイト
05:27  |  放言  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。