--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.12.30 (Fri)

袋小路

今年最後の相談業務
依頼者の家から事務所へ車で戻る途中
ボーッとしていて曲がるべき道を直進・・・

「まぁ次の角を左折かUターンすればいいやっ」とそのまま走り続け
左折箇所が来るも,道が狭いのでスルー
すぐに右折箇所が来たのでUターンしようとすると,転回禁止のマーク・・・

これを数回リピートした後
マイロードスターはしばらく左折も右折もできない環状線に突入して
前だけ向いてりゃいいんだ~。直進あるのみ!状態へ

周りにあまりなじみのない風景が増えてきて
ちょっと焦りだす・・・

以前ブログで脳を晒しましたが
空間認識能力が若干心もとないミーにとって
見慣れない風景プラス目的地から外れてる感の波状攻撃は
Mr.鈍感力と呼ばれるミーの心を
瞬時にガラスの心に変えてしまう程の威力を持つものなのです。

「こんなことなら,最初の角で左折しとくべきだった・・・」
「そもそもあのマーク,転回禁止じゃなかったかも・・・」

普段,反省も後悔もしないと豪語しているミーが
反省と後悔とため息の乱れ打ち

あきらかに異常事態です!

でも,ちょっと待て
焦るな焦るな
打開策は必ずあるはずと言い聞かせ
考えること数分

「そうだ,次の角がきたら無条件に左折しよう!」

この“無条件”と云うところがミソで
さっきの反省を生かして
道の幅が狭い広い等不平を言わず
とにかく左折しろ!それが打開への第一歩!
このまま真っ直ぐ走ってたらどんどん事務所から離れる一方だぞと。

そう決意してから間もなく前方に畑が広がり左角も発見!
でも,その道は舗装されていない農道で・・・
さっき,「そうだ,次の角がきたら無条件に左折しよう!」と決心したものの
この左角はさすがにスルーした方がいいんじゃないかと前頭葉が訴えかけてくる。
が,ミーのサムライ精神が「男に二言はない」と華麗に左折・・・

ガタゴトガタゴト,サスペンションが悲鳴をあげ
コツンコツンと小石が愛車にジャブを仕掛けてくる

「なんで最初の左角を(少し道幅は狭かったとは言え)スルーして
こんなガタゴト道を今お前は走っているのだ」と
前頭葉が冷たく言い放つも

サムライ曰く
「バカ野郎,300メートル先を見ろよ。
ちゃんと舗装された道路があるじゃないか。
この農道を突っ切ってもう一度左折すれば
あとは一直線で事務所にゴールだよ。」と

体を上下させながらもなんとか農道を突っ切り左折してひと安心していると
前方にS字クネクネコーナーが出現!
農道のあとはS字・・・

「ダートトライアルかよ!」と突っ込みを入れつつ
しょうがなくクネクネしていると後ろからワゴンRがあおってくる。

高速道路であおられても
マセラティ(憧れから)とヤバ目の車(リスク回避から)以外は道を譲らないミーなのに
初めて走る道&全くしらない風景&このまま走っても多分事務所には着かないという絶望感で
焦りに焦りまくり,アンダーステアかオーバーステアかGがかかりまくる中
泣きそうになりながらもS字をぬけると(ワゴンRはずっと後ろに。 フン)
こじんまりとした住宅街に。

すべての道はローマに通じるとか云う言葉があるけど
少なくともこの道は事務所に通じてないなとあきらめ笑いを浮かべながらも
住宅街に入ったことで,人肌のぬくもりを感じたのか
さっきよりも心が落ち着いていることに気付く。

ちょっと住宅街をグルグルしてここから抜けて
大きな道路を見つければ標識が出てるだろうと
気を抜き加減で走っていると
眼前に突如急激な登り坂が現れ
奥に小高い山が。

これを登るほど俺はバカじゃないぜと左折すると
(この日はなぜ右折しなかったのだろう?)
嫌なものをチラッと,でも確実に認識したのに
それを見てないかのように,なかったことのように・・・

「この道行けばどうなることか。危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。
迷わず行けよ。行けば分かるさ。」ばりに前進。

そして,また同じものを。




「この先は,行き止まりです。」



はい,終了!
完全にオワッタ!
道狭し,Uターン無理!
バックで戻るしかない。
でも最初の標識から1kmは走った。
いつの間にか辺りは薄暗い。
よく後ろ見えない。
もう無理。

袋小路。


涙もでず
すべてがどうでもよくなり
全身を鉛のようなものが覆う。


目を閉じる。


少し寝たのか
頭が冴えてきて
今年起こったことが走馬燈のように頭の中を駆け巡る。


よかったこともあったけど
なんか涙があふれることの多い1年だったな。


依頼者の家から戻る途中
ひとつの角を曲がり損ねたことから
なんだかんだで
住宅街の片隅の行き止まりで
袋小路になってるミー。

一体ここはどこなんだと
iphoneのグーグルマップで現在地を調べる。


驚いた!事務所からスグの住宅街ジャン。

そしたら,なぜかケラケラケラと笑えてくる。
止まらない。
クックック,ゲラゲラゲラ。

あー,久しぶりに心の底から笑ったな。
なんか,スッキリしたなと思っていたら
外灯の電気がフアッとついて周りが明るくなる。

よしっ,と気をつけながらバックして体制を立て直す。

外にでて,タバコを吸い空を見上げると
見慣れた月が,「マジカルツアーはどうだった?」

うん,どうなることかと思ったけど
あんなけ笑える俺がいたのにはビックリだったよ。
年の終わりのエピソードとしてはまぁ微妙だけど。

そんな会話を月と交わした後
スーパーで798円の門飾りを半額でゲットし
帰りは無事,ノーミスで事務所に戻れました!


来年はカーナビ買おうかな。


P.S.
今年もこの気まぐれ不定期ブログにお付き合い下さりありがとうございました!
この一年いろいろなことがありましたが,私の中で一番大きく心を占めたのは
やはり東日本大震災と原発事故でした。
3月11日の震災発生から津波・原発事故と
目を疑うような光景が毎日ニュースから流れ
もう日本は終わったと何度あきらめのような感情を持ったことか。
そんな中,救出作業そして復旧・復興に身を挺して当たって下さっている方
自分にできる最大限のことをしておられる方を見て頭が下がる思いとともに
もっともっと自分にもできることがあるはずだと不甲斐なさを感じます。

2011年,笑うことなんかできなかった方に
ほんの少しでも笑みが戻るよう
自分にできることを精一杯して日本を盛り上げていく2012年としたいです。

新しき年が皆様にとって素晴らしい年になりますように。
そして来年も当ブログをよろしくご愛顧お願い致します。



スポンサーサイト
16:01  |  戯言  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://romanster.blog68.fc2.com/tb.php/110-2703dc44

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。