--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.02.16 (Sat)

交流会での所作

コネも経験もない開業1年目に
何とか仕事ゲットのきっかけをつかみたいと
ある異業種交流会に参加した時の話です。

元来、人見知りで
社交的でない性格のミーは
パーティーなど人がたくさん集まる場所に行くことさえ
ハードルが高いんですが
生きていくためにはそんなこと言ってられないと
肩に力を入れ、勇んでその交流会に参加しました。

そして、参加するにしても、ただ参加するだけじゃ意味がないと
「一人でも多くの人に名刺を配る!」と目標を掲げました。

多くの人に名刺を配れば配るほど
それに比例して仕事が入ってくるはずだと信じて。

会場に着くと
自分のテーブルが指定されている立食形式でした。
まずは、同じテーブルになった皆さんと仲良くなろうと
名刺を渡して自己紹介を済ませ
仕事の話から、趣味や好きなスポーツまで話が及ぶと
だんだん仲も良くなってきて、話はどんどん盛り上がってくるのですが
気になるのは他のテーブル

なにせ、一枚でも多くの人に名刺を渡すのが目的なので
このまましゃべっていたら
このテーブルの6人以外の人には名刺が渡せなくなってしまう。

300名を超えるパーティだから
このテーブルに留まっている訳にはいかないと
同じテーブルの人に「ちょと、失礼します。」と言い残し
あっちのテーブル、こっちのテーブルへと
未知のテーブル目指して、コロンブスばりの旅が始まります。

が、未知のテーブルに上陸するのは簡単ではありません。
そのテーブルにいる原住民同士が既に仲良くしゃべっているからです。

こんなときコロンブスならどうするんだろう?と思うも
コロンブスについて知ってる知識のすべてが
インドと間違えてアメリカ大陸を発見した&あの卵を割るエピソード
だけと気づき、頭を使うのをやめ他のテーブルを見渡すと
各大陸の原住民の仲に、ポツリポツリとaloneの人がいることを発見し
これだ!と突撃。

「はじめまして」→ニヤニヤ(無言)→名刺交換(無言)→「よろしくお願いします」(安堵感でフッ~)

aloneの人いないかな?あっ、いた!

「はじめまして」→ニヤニヤ(無言)→名刺交換(無言)→「よろしくお願いします」(安堵感でフッ~)

aloneの人いないかな?あっ、いた!

「はじめまして」→ニヤニヤ(無言)→名刺交換(無言)→「よろしくお願いします」(安堵感でフッ~)

をひたすら繰り返し
もう、ほとんどの大陸を制覇したなと
パンパンの名刺入れをダンベルみたく上下させ満足感に浸っていると
もうすぐお開きのアナウンスが・・

よしっ、帰港だとマイテーブルに戻ると
なんか、空気が・・

ミーを除いた最初のメンバーが超仲良しになってる!

ぐぬぬ感が押し寄せてきて
「やっぱりミーは旅人だ。」と
すぐさま未制覇のテーブルへと再出港し
全大陸を終了時間ギリギリで制覇!
さっきのボッチ感も見事払拭!

あれだけ名刺交換したんだから
「明日から楽しみだなぁ~」とニヤニヤしながら
事務所の電話がひっきりなしに鳴る妄想を膨らませる。


が、何日たっても一向に電話は鳴りません。
おかしいなーと、交換した名刺を見つめていると
気づいたこと一つ
この人誰?誰だっけ?
たまに顔入り名刺があっても
で、誰?状態・・

結局、名前と顔が一致して話をした内容を覚えているのは
最初のテーブルで、ある程度時間をかけて話しあったメンバーのみ。

誰からも電話がこないなら、こっちからかけて見ようと
そのメンバーの一人に「この前はどうも」と連絡すると
衝撃の事実が発覚!
あの交流会の後に、同じテーブルのメンバーで二次会に行ったと。
「間瀬さんも誘おうと思ったけど、姿が見えなかったから・・。」

Oh,myそうです!その時ミーは最後の大陸発見のため
大航海の旅に出かけていました。

あぁ、これがチルチルミチル現象と云うのでしょうか。

たくさんの人と名刺交換したものの
ろくに会話もしなかったことから一人ひとりの印象も薄く
ゆえに顔も思い出すことができない・・

あの交流会でのミーの名刺交換は
名刺交換と呼べるものではなく
本人を目の前に、ポスティングをしていただけだと悟りました。

よくポスティングのレスポンス率として
0.3~0,5%という数字があがりますが
この数字を正しいと仮定すると
300人強に配ってやっと一人の反応があることになります。
あの交流会で名刺交換したのは100名強なので
計算すれば、誰からも反応がないのは当たり前です。

この交流会での体験や
数を重ねて分かったことは
大きなパーティで色んな人と名刺交換をして
ましてや同じ業種の複数の方達から名刺をもらった場合はなおさら
結局その中で、後日、相談させていただこうと頭に浮かぶのは
名刺交換する際に
単なる自己紹介を超えて、話が弾み
なんかウマが合うなと思える方たちです。

それが分かって
「一人でも多くの人に名刺を配ろう」から
「一人でもいいから、ウマの合う人と出会えたらいいなぁ」に
交流会の目的をシフトしました。

もっと言えば、ビジネスにつながるかつながらないか
そんなことさえどうでもよく(つながればそりゃ嬉しいですが)
意気投合できる人と出会えた時の喜びを見つける場として
交流会を利用しようと思えるようになってから
交流会という場を少し肩がぬけた状態で楽しめるようになりました。

とは言っても、まだまだ交流会での所作は完璧とは程遠く
名刺を出すのが遅れたり
さらには切らしてしまったこともありますし
(この場合は詫び状を添えてすぐに名刺を郵送するのがマナーだそうです)
名刺の内容をろくに確認せずに、書いてあることを質問してしまったり
相手の名前を途中で忘れてしまって、チラッチラッと名刺を見返したり
ボケッ~としていて超目上の人から
「ご挨拶させていただいてよろしいですか」と挨拶され冷や汗かいたり
まぁ、こんなことだらけですが
これからも,ちょくちょく交流会には出没しますので
もし、このブログを読んで下さっている方とお会いする機会があれば
その際は是非仲良くしていただきたいと思います。m(o・ω・o)m



スポンサーサイト
23:01  |  AOI国際法務事務所  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://romanster.blog68.fc2.com/tb.php/137-c54b474a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。