--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.12.29 (Mon)

抱きしめたい(「ブルージャスミン」)

ここ数日、ほとんど寝ずにDVDを見まくってるんですが
15本目にいいの当たっちゃいました。

経験則上、「おっ!」となる映画は大体30本に一本なので
(いつまでも手を叩きたくなる映画は150に一本
このまま死んでもいいと思える映画は500に一くらいか)
これはラッキー!

この映画のストーリーは
セレブの婦人が夫の事業の失敗(ネズミ講がバレて摘発)で
自らも一文無しになって、妹の元に転がりこむと云う転落ものなんですが
何と言っても主役のケイト・ブランシェット(ジャスミン役)が凄い!

何が凄いかと言うと、その演技。(仰向けに倒れたくなるような綺麗さはもちろんです)

どんな演技だったかは、観てもらえば分かりますが(一つ挙げれば、わき汗に注〜目!)
ミーの持論として
観ている人に「このひと上手い!」と思わせるような俳優は
全然上手くない(ロバートデニーロとか)、と云うのがあって
でもそれを超えて上手いと唸らされたのは
今回と「摩天楼を夢見て」のアル・パチーノだけです。
(どっちの映画にもアレック・ボールドウィンが出てるのは引き立て役だから?)

虚栄心と嘘にまみれた彼女が転落して往く姿に
監督のウディ・アレンは何を示唆したかったのかは分かりませんが
ミーはふと、2014年日本を騒がせた彼女彼らの姿が浮かびました。

特に、彼女の場合は、周りで死者も出ているので
軽々しく言うべきことではないかも知れませんが
少なくとも映画のエンディングのジャスミンを
ミーは抱きしめたいと思いました。

まずは、抱きしめてからでいいじゃないかと。

さっ、映画に流れる「ブルームーン」を聞きながら
お歳暮に貰ったハムステーキを食べて
次の一本を観よう。






スポンサーサイト
22:14  |  シネマ・ドラマ  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

Comment

おひさしぶりです。

行政書士業務おつかれさまです。
いよいよ、明日、大晦日ですね。
去年の大晦日のてきごとを書いたブログに思わず吹き出して、笑ってしまいました。

今年も紅白を見られるのですか?
明日の選曲は、たぶん、心のプラカードですが、明日の向けての振り付けのリハーサルのほうはいかがでしょうか?

来年もMF10を盛り上げていきましょう。

今年は、大変お世話になりました。
名古屋のひと |  2014.12.30(火) 13:50 | URL |  【編集】

名古屋のひと(Nさん??Kさん??Tさん??)さん、コメントありがとうございます!
去年のブログまで見ていただき何か恥ずかしいです。

今年の紅白は心のプラカードって曲なんですかっ。この曲知らないし、今から振り付けは無理そうなので、少ない可能性にかけて恋チュンに磨きをかけます!

どうぞ、これからもMf10及びこのブログでお付き合いよろしくお願いします。よいお年を!
ロマンスター |  2014.12.31(水) 04:44 | URL |  【編集】

返信ありがとうございます

返信ありがとうございます。
やっぱり、私の正体が、気になりますよね。犯人探しは、MF10の懇親会のときに話題にしていただければと思います。これまで以上に、ブログや事務所の宣伝にもなりますし。
間瀬さんのブログを読んでいますが、なかなかおもしろいです。中国の新聞紙に取り上げられたことは、すごいと思いました。入管の先生のFacebookのオファーも感動しました。釣りとクルマ、夜食が趣味だということも分かり親近感を持ちました。

今年もMF10は、大変ためになりました。近々の会では、Tさんの司法書士の登記申請やBさんの労働上の精神疾患の法的対応がありましたね。

MF10は、本当にすばらしい方々の集まりだと思います。しかも、勉強になることばかりです。
これからも盛り上げていきましょう。


今からでも振り付けは間に合いますよ。以下のプレゼントをご用意いたしました。猫の動画を見る合間にでもいかがでしょうか。

振り付けレクチャー
http://m.youtube.com/watch?v=xJO0ZZ2SELA

PV
http://m.youtube.com/watch?v=JhokU8SlmNg

よいお年をお迎えください。
名古屋のひと |  2014.12.31(水) 07:41 | URL |  【編集】

名古屋のひとさん、プレゼントありがとうございます!

あと数時間ですが、本番には最高のパフォーマンスを見せたいと思います。・・誰に?

P.S.
プロファイリングって難しいですねー。(Kさん??Tさん??Nさん??Yさん??)
ロマンスター |  2014.12.31(水) 17:00 | URL |  【編集】

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
年末年始を間瀬さんへのレスポンス作成という記念すべき用事で過ごしました。
プレゼントの効果はありましたでしょうか。
お魚のエリザベスさんには、最高のパフォーマンスを披露できましたでしょうか。
私については、Kさん辺りを一番怪しく感じられているかもしれませんね。MF10のメーリングリストでMさんのウソか本当かわからないクセを一斉送信したという事実がありますからね。

しかしながら、士業って頭固くて、プライド高そうで上から目線という感覚が世間には定着していますよね。

しかしながら、間瀬さん、Kさんなどを見ているとお客さまのニーズを第一として、士業をさせていただいているという姿勢がよく伝わってきます。ですから、新しい士業の姿勢の在り方として勉強になります。
過去の記事に、トヨタの豊田章男社長の記事が書いてありましたが『欲しいクルマはお客様が決めることだ』と記されていました。
かんばん方式を示唆していると思いますが、経営者は、世の中のニーズを先取りする能力が必要だと考えます。つまり、今は、潜在的に需要が見込まれているが、将来的に需要が見込まれる商品やサービスの開発をスピード感をもって対応する力ですね。
間瀬さんや、Kさんの話を聞いているとそういう意識の高さが伝わってきます。
これからの日本は、どうなるのでしょうか。
2020年前まで東京オリンピックの特需があり、2027年に名古屋はリニアが開通します。
国家的なプロジェクトを背景にこの国の青写真、骨格は、どのような変化をもたらし、人々の生活にどう影響を与えていくのでしょうか。外的な環境はどのように変化していくのでしょうか。TPP、FTA、EPAなどの日本における変化はどのようなものが考えられるでしょうか。
少子高齢化がますます進展し、お年寄り四人を働き世代、一人で支えなければなりません。生粋の日本人の人口動態は減少しており、海外からの流入数で、日本人全体の人口は微増しています。
士業として、社会貢献できる分野はなんなのかと考えると、そのアイディアの深さを改めて感じます。
間瀬さんは、行政書士のブランド力向上をところどころで発言されています。
弁護士が、トラブル解決、事後処理、会社の最後の処理を行っているのに対し、行政書士は、人生や会社の誕生に関われるめでたい職業とよく言われます。また、トラブルを未然に回避、防止する予防法務と言われます。
では、行政書士が一般の方々に認知をしてもらい弁護士と同等にブランド力を向上させていくためにはどうすればよいのかを考えます。

ここで、私の考えを書きます。今の士業に必要なものは、付加価値という考え方です。企業は、商品やサービス、企業のブランド価値などの信用を得るために、広告などをうたい、その一方で、企業努力によって製品の品質を向上させています。また、製品、労働環境の安全性などをCSRを通じて取り組み、イメージ向上、地域共生のためとうたい社会貢献としてボランティア活動をしたりします。
それは、すべて製品に対する信用のためです。
さて、士業の付加価値ってなんでしょうか。
今までのように、許認可申請、税務申告、裁判業務、登記申請だけでは生き残れないと考えます。
それに付随する付加価値がなければ生き残れないと私は、考えます。
付加価値とは、お客様の尺度から見て、特別であったり、希少性があると思われなければいけないということですが、間瀬さんは、伊藤塾の講演の内容を借りて申し訳ないのですが、付加価値という意味を専業で専門分野を特化することだとおっしゃっています。
私自身は、一番、簡単なのは、有名になることだと思います。その有名というブランドは強いと思います。まだまだ、世間は、名前が知られているものに対し、『これならだいじょうぶだろう』と認知的不協和で解消する傾向があります。

付加価値をあげるためにこれからの士業は、市民協働などで、国民の生活に入り込み、共に考え、共に学び、共に解決する姿勢がこれから求められるのではないかと思います。
少なくとも、私は、そういう士業を目指しています。
話は飛びますが、MF以外の会合で、幹事長のO先生が、T先生対し、『ただ人を集めても烏合の衆になるだけだ。ここから、なにか生み出せるものがなければ集まりに意味がない』
とおっしゃったのが印象的でした。
士業で業務以外で、対外的に、連携できる分野はなにかということを真剣に考えることがこれからは、戦略として重要になりますね。せっかく、士業ネットワークがあるんですから。O先生のおっしゃることは一理あると思います。
さらに、士業として、市民、社会や行政に直接的、間接的に関わることで、信用度をあげるということは、個々の士業の方々は、これから必要になるのではないかと思います。
現実的には、そんな余裕はないと思います。しかしながら、商品やサービスがコモディティ化してきたビジネス分野では何かで差別化を図らないと過当競争に淘汰されてしまいます。
士業は、今、その波にのまれている状態だと考えています。
間瀬さんがおっしゃるように士業は、宝の山だと思います。しかし、その原石を光るも曇らせたままも、士業に携わる本人のアイディアと行動力だと考えます。
私も、士業の可能性を信じて邁進したいと考えます。お互い頑張りましょう。
本年もよろしくお願いします。
名古屋のひと |  2015.01.01(木) 00:26 | URL |  【編集】

名古屋のひと(T.Kさん!?)さん、
新年、明けましておめでとうございます!

当ブログのために、年末年始の貴重な時間を割いて
士業の生き残り将来モデルについて
大変示唆に富むコメントを(否まさにこれは論文!)いただきました。
ありがとうございます!

この内容を、当ブログだけで独占するのは士業界の損失なので
近時に、是非「士業の付加価値とは(仮題)」と云うテーマで、講演をお願いします。
今年のMF10は、6月まで講師が決まっていますが、なんとかイレギュラーな形になってでも実現させたいので
ご協力お願いします!

P.S.未完成な振り付けゆえ、本番の重圧に耐えられず、今年は紅白をエスケープしてしまいました。期待に応えられず申し訳ありません。
ロマンスター |  2015.01.02(金) 07:19 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2015.01.02(金) 12:46 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://romanster.blog68.fc2.com/tb.php/169-95da5b4f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。