FC2ブログ

2009.10.03 (Sat)

ダトニオのつぶやき~My lovely fish says~

suterusu_convert_20091003105153.jpg


「初めまして、ダトニオです。

インドネシア・ボルネオの河で産まれてはるばる日本へやってきました。

(まぁ物心付いた時にはもう水槽の中だったから故郷の事はあんまり覚えてないけど)

ご主人タマからは『ステルス』って呼ばれてます・・・。何でだろ?」





よう、ステルス。君が我が家にやって来た時の事はよく覚えてるよ。
500円玉位で小っちゃかったね。
いつも水槽の隅っこに隠れてて探すのに苦労したから『ステルス』って名付けたんだ。
あの頃の君はこんなだったよ。



dt_plusone_05_l_convert_20091003061652.jpg
http://nakanoaigyoen.blog105.fc2.com/


【More・・・】
「へぇーそうだったんだ。

それはそうとご主人タマ

最近お部屋が窮屈なんだけど・・・。」





NEC_0001_convert_20091003050407.jpg











ドキッ。
ゴメンゴメン、いつまでも60㎝の水槽じゃ息がつまっちゃうね。
そろそろ引っ越しの準備をしなくちゃとは思ってたんだけど
90㎝の水槽だとなんだかんだで200キロ超えちゃうからなー。
アパートの2階だから床の補強とかも考えなくちゃいけないんだ。
もうちょっと待って。m(_ _)m











NEC_0012_convert_20091003050826.jpg

「出来るだけ早くして。

最近体が黒いんだ

本当の色はこうだよ。」











わになまずweb
http://waninamazu.run.buttobi.net/nettaigyo.html








まじゴメン。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m


だけどステルス、
ご主人タマとか言ってるけど
この前水槽の掃除してた時
俺の指食べようとしたよね。
血はでなかったけど痛かった。 (--)ム!












NEC_0010_convert_20091003050532.jpg

「金魚三日も食べてなかったんだよ!」









あのさ、お願いだからフィシュフード食べてくれよ。
生餌しか食べないじゃん。
金魚だって大切に飼えば10年位生きるらしいし・・・。















NEC_0003_convert_20091003050741.jpg

「まずは引っ越しが先き!

こんな感じのとこだとサイコー。(o^∇^o)ノ 」











  
s_3000_convert_20091003051312.jpg













...○| ̄|_..



スポンサーサイト



03:32  |  熱帯魚  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

ステルスの真実

ステルスって初めは縞々だったんですね。僕が見せてもらったときは真っ黒だから,黒くてF-117(ステルス攻撃機)に似ているからステルスかと思っていました。
早く広い家に引っ越せるといいですねv-229
なおなお |  2009.10.03(土) 23:05 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます。

ダトニオは生育環境などよければ60cmにもなる魚なので、大型水槽で飼うのが基本なのですが・・・。黒化もそれが原因ではないかと思います。
ロマンスター |  2009.10.04(日) 06:58 | URL |  【編集】

初めまして

2人のやりとりがすごく面白かったですi-267
お引越しが出来ますように^^

ではでは、応援ぽちっとしていきますね!
ふみっち |  2009.10.06(火) 11:21 | URL |  【編集】

ふみっちさんへ

ふみっちさん初めまして。
ブログ読んでいただいてありがとうございます!
しかもぽちっと応援いただいて感謝です。m(_ _)m

ふみっちさんのブログ「松本人志ファンぶろぐ 」
動物たちがかわいいですね!

ロマンスター |  2009.10.06(火) 17:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://romanster.blog68.fc2.com/tb.php/21-9761949d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |