FC2ブログ

2010.05.25 (Tue)

帰れコールのレクイエム~ラッシャー木村さん追悼~

「帰れ!帰れ!帰れ!」

蔵前国技館
一万人の帰れコールの大合唱

首を少し傾け、苦虫を噛み潰した様な顔がTV画面に映し出される

今で云うブーイングなんてもんじゃない
浴びせられる本気の罵声・怒声

ミーも条件反射で「帰れ!帰れ!」と何度叫んだ事か

国際プロレスが崩壊して
もう帰る所がないレスラー
はぐれ軍団総帥のラッシャー木村に。

それ程憎らしく、ふてぶてしかった。

今思えばこれこそ悪役。
惚れ惚れする位のヒールだった。

アントニオ・猪木との最後の試合
ラッシャー木村はゴングが鳴る前贈呈の花束で猪木に襲いかかる
目を負傷した猪木はリング下へ
なかなかリングに上がれずイライラする猪木
リング上でたちふさがるラッシャー木村
ついにイライラが爆発しキレた猪木がリングインしナックルパートの雨あられ!
見る見る顔面が血に染まる
そして延髄蹴り
それでも猪木の怒りは治まらず
今度は額にハイキック
血がドクドク流れラッシャー木村は立ち上がる事ができない
ここでレフリーはゴングを要請

猪木はリング上で深々と一礼し
リングを下りる。

しばらくして息を吹き返したラッシャー木村は
寺西勇の肩を借りフラフラしながらも立ち上がり
もうリングにいない猪木の方に向かって何やら叫び
そしてまたリングに崩れ落ちる。

猪木信者のミーは
やっつけてくれて嬉しいと思う反面
あまりにも無様な負け方に
子供心に何か哀愁みたいなものを感じたのを覚えている。

10数年後
この試合の後日談を聞く事になる。
この時ラッシャー木村は立つこともままならない程腰の具合が悪く
とても試合ができる状態ではなかったそうである。
しかし迷惑はかけられないと
それをおくびにも出さず「見事なやられっぷり」と云う形で試合を成立させた。

かつては国際プロレスのエースだった男だ
新日本プロレスでの待遇は1対3の試合など
本当なら屈辱以外のなにものでもなかっただろう。
しかし、ラッシャー木村は拾ってくれた団体への恩義から不平など言わず
黙々と与えられた仕事をこなした。
それが無様な姿をさらす事になっても。

(でも心をひどく痛めていた事もあった。
あの頃新日本プロレスは毎週20%前後の視聴率を上げており
ラッシャー木村の悪役としての影響はプライベートの生活にも及び
自宅に毎日石などが投げ込まれるなどして
愛犬が円形脱毛症になり体調を崩してしまった話を後にインタビューで目に涙をため語っている)

この試合を最後にラッシャー木村はUWFを経て全日本プロレスに移籍し
マイクパフォーマンスのコミカルな路線に変わって行くのだが
ミーにとってラッシャー木村はいつまでも
帰れコールの大合唱を浴びながら
ふてぶてしい顔で猪木を痛めつけ
僕らを最高にヒートアップさせてくれた
ラッシング・パワーの名レスラーだ。


ラッシャー木村さんあの熱い時代をありがとうございました。
心よりご冥福をお祈りいたします。



スポンサーサイト



05:28  |  プロレス  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

熱かったですねぇ。

本当に残念です。テレビに釘付けだったあの頃が昨日の様に思い出されますね。ミーさんのブログの中でプライベートにおいてもラッシャー木村さんの家に石が投げ込まれるという話しは心痛むと同時に当時のプロレスラー達のすごさを感じました。晩年は闘病生活を送っていた様ですが、心からお疲れ様でした、そしてありがとうございましたと伝えたいです。合掌
こんばんわ |  2010.05.31(月) 22:06 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!
少年時代に見たあのプロレスワンダーランドの主人公達の訃報を耳にすると体の力が抜けてく様です。しかし懐かしんでばかりではいられませんね。
ラッシャー木村さん亡くなったこの日、アントニオ猪木はNHKで「1,2,3~!」してました。アリ戦の因縁から30年以上経っての和解出演です。
 |  2010.06.01(火) 02:52 | URL |  【編集】

アントニオ猪木映画初主演!

ロマンスターさんの永遠の人生の師,アントニオ猪木が映画初主演するそうです!
http://acacia-movie.com/index.html

予告みるとなかなか良さそうですよ!
必見?
なおなお |  2010.06.02(水) 23:51 | URL |  【編集】

なおなおさん映画情報ありがとうございます!
棒(読み)すぎてお蔵入りかと心配していましたが
無事上演が決定して嬉しいです。
必見です!
 |  2010.06.03(木) 05:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://romanster.blog68.fc2.com/tb.php/45-fd60c9ae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |