FC2ブログ

2010.09.21 (Tue)

「検察」の自殺

厚生労働省の村木厚子元局長に無罪判決が言い渡された郵便不正事件で
大阪地検特捜部の前田恒彦主任検事が
元係長上村勉被告(虚偽有印公文書作成・同行使罪で公判中)から押収した
フロッピーディスクの更新日時を改ざんしていた疑いが強まり
最高検が証拠隠滅容疑で捜査に乗り出すと云う
検察いや司法の根幹を揺るがしかねない事態が
本日午前発覚した。

もしこれが事実だとすると
検察から睨まれた人間は
たとえ無実でも有罪の証拠をでっち上げられ起訴されれば
有罪率100パーセント近い日本の裁判所で
無実が晴らされる確率は高くない。
つまり、誰でも無実の罪で有罪にされる危険があると云う事だ。

しかも、今回渦中にいる前田恒彦検事は
検察の中でもエリートと言われる特捜部で
その上、事件を仕切る主任検事だ。

この様な立場の人が
もし証拠を改ざんしていたのなら
他の事件で他の検事も・・・と
不信のスパイラルはどこまでも増殖する。

今回の件が検察だけに留まらず
司法の根幹さえ揺るがしかねない事態だと危惧しているのは
司法が国民から信頼を失えば
司法は拠って立つ基盤を失い、独立性を脅かされ
法に基づく社会正義が実現されなくなってしまうからだ。

この郵便不正事件で
大阪地検特捜部は当初
民主党の政治家を挙げるためのストーリー書きをしていたとされ
その本丸の政治家を挙げるためなら(正義)
「この改ざんは正義のためのやむおえない犠牲だ」位に思って実行していたとしたら
それこそ本末転倒、自らの存在否定も同然で
ミイラとりがミイラだ。

そして、何よりも軽蔑するのは
一度ストーリーを作ったら
その通りに事実を曲げてでもあてはめ
無実の罪の人間をつくりだしても
平気でそのままでいられる心もちだ。

今回の事態で検察に強い不信感を抱いたのは国民だが
一番怒っているのは多分同じ検察官だと思う。

彼ら検察官や検察組織は自らの正当性や社会使命を果たすために
積極的に取調べの全過程録画などを導入し
組織を風通しのよいものにしていかなければ
特捜部自体の存在価値も問われることになるだろう。

国民の特捜部に対する
「巨悪を倒す正義の味方」のイメージは
もろくも崩れ去った。




 
スポンサーサイト



18:34  |  社会の窓から  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://romanster.blog68.fc2.com/tb.php/61-758b7016

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |