FC2ブログ

2009.07.09 (Thu)

嗚咽

あの時俺は

何も分かってなかった。


ハニーは夢を目指し

頑張っていた。



けど、それは

ただの頑張りじゃなかった

命を削る程の。




【More・・・】
夢破れた夜、俺は

「もっと頑張ってた人がいたって云う事だ。

もう一年頑張ればいいじゃないか。」

と。



その時今まで生きてきて

一度も聞いたことのない声を聞いた。




声にならない泣き声





俺はその瞬間

とんでもない事をしてしまった

これは取り返しのつかない事だぞと

瞬間的に悟った。



でもその時は

地球上のすべての災難が降りかかってもいいから

ごめん、ごめん、許して下さいと

何度も心の中で謝り続けた。



その願いが効いたのか

その後何事もなかった様に日々は過ぎ

一年後彼女は夢を叶え

それを見届ける事もできた。


が、・・・。









車のラジオから

ふと流れてきた曲を聴いていたら

なんだか思いだしてしまった。


もしかしたら

ハニーがハッパをかけてくれたのかな。


命を賭けて突進しなさいよ!

って。


もうハニーは僕のハニーじゃなくなってしまって

ちょっと手の届かない所に行ってしまったけど

またいつか会えるかな。


スポンサーサイト



19:37  |  ミー  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://romanster.blog68.fc2.com/tb.php/7-b8da1c65

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |